「青森の夏はアツい!!」 青森営業所長 秋田より

青森営業所開設から4カ月が経過し、暑い夏がやって参りました。

自身19年振り、2度目のねぶた参戦です。前回は跳人(ハネト)として参加しましたが、今回は観覧のみの参加です。

ねぶた囃子が鳴り響くと、津軽衆は「じゃわめぐ」と言われています。 「じゃわめぐ」は「(心が)ざわめく」が訛った津軽弁です。私自身も青森県出身であり、ねぶた囃子を聞くと「じゃわめぎ」ます。

ねぶたの迫力は写真では伝え切れないため残念ですが、観るだけでも十分楽しめる迫力です。

できれば跳人として参加したかったのですが、前回参加した時は二十歳だったにもかかわらず、ねぶた後3日間は筋肉痛が抜けないほどボロボロになってしまったことを思い 出しました。来年に向けて、体力作りに励もうと思います。

ご存知のとおり、北東北にはねぶた祭りだけでなく、盛岡の「さんさ踊り」や秋田の「竿灯まつり」等、短い夏を彩る祭りが沢山あります。その中でもねぶたは初めてでも参加しやすい祭りだと個人的には考えておりますので、未経験の方でもぜひ「跳人」として参加してみてはいかがでしょうか。

 

2019年8月7日 青森営業所長 秋田

 

DSC_0051.JPG

 

DSC_0042.JPG

 

IMG_0002_BURST0010011.JPG

 

DSC_0064.JPG